男でも美意識を持って良い

散髪

男性が美意識を持つことに対して抵抗を感じる事は珍しいことではありません。確かに一昔前までは、そういった意識を持つ人は敬遠されたり、煙たがられたりした時代もありました。しかし、今は違います。自らを美しく見せるため、またそれを保つために意識を高く持つ事は、その人をより輝かせてくれるという考え方が強くなってきました。

例えば、スポーツで体を鍛えている男性もそうです。年齢を重ねるとともに代謝が悪くなり、ボディーラインが丸くなってくるのは自然なことですが、そこに抵抗して自分を磨きあげようとする人は魅力的です。水着を着たり薄着であったりする以外の、例えばビジネスシーンにおいても、体が引き締まっていれば、着こなしには大きな違いが出ます。見るべき人が見れば分かるので、美意識の高さは伺い知ることができます。

サッカー選手のオシャレや美意識についてはこちらがです。

美意識のみ持っていたのでは逆に鼻についたり、周りに良い印象を与えないこともあります。体を磨くのと同時に、おしゃれにも気を使ったり、自分をよりよく見せるための努力を怠らない男性は、同性からも異性からも一目置かれる存在です。変に抵抗感を感じることなく堂々と意識をし、自分を磨く工夫をすることは、男性の魅力を増幅させます。美意識を高く持つ事は、潤いのある毎日を送るための鍵になり得ます。

ストレッチ

過酷なスポーツが男の美しい肉体を養う

ランニングマシーン

スポーツをしている男性の肉体は美しいもので、古代ギリシャ彫刻のような魅力があります。これが究極的なレベルに達すると、神々しさを感じられるようになり、あらゆる人から尊敬されるようになります。ボディビルダーの例も同様で、無駄な脂肪を極限まで取り去って鍛錬するため、常人では真似できないほどのレベルです。

無酸素運動と有酸素運動のスポーツの違いで、男の肉体も大きく変化します。ボディービルダーの体型は無酸素運動で作られるもので、筋肉隆々の言葉が当てはまります。ところが、マラソン選手は体が細く、均整の取れた状態になっているのが特徴です。

自転車ロードレースの選手も同様に細いですが、競輪選手は全体的に筋肉質で、脚の部分が非常に太いのが特徴です。競輪は無酸素運動になるためですが、大変に過酷なトレーニングをしているため、一般人が普通にサイクリングをするだけでは同じような体にはなりません。

サッカー選手の場合には、長時間にわたってフィールドを走ることで、全体的に強靭な肉体が作られます。特に脚の部分の筋肉も発達していますが、競輪選手やボディービルダーのように極端に太くなることはないですから、柔軟な動きでプレーを行うことができるわけです。

レントゲン